新米コスメ技術者のドタバタ奮闘記

一人前のコスメ技術者を目指すいろはね研究員のリアルな日常をお届け

増粘剤比較してみた!~番外編~

 

皆さんこんにちは!いろはねです!

前回は、増粘剤を2%水溶液にして比較実験を行った結果についてお話しました!

増粘剤には、調整方法によってさらに特異的な増粘を示すものもあります!

比較実験で使用した増粘剤の中に面白いものがいたので、その実験もやってみました!

今回はそれについてのお話をしていきます!

ということで、使用したのは「タマリンドガム」です!

タマリンドガムは、東南アジアに生息する巨大常緑樹であるタマリンドの種子を分離・精製した多糖類になります。

タマリンドの果実は古くからインドや東南アジアで家庭常備薬・調味料として利用されてきました。

果肉の甘酸っぱさを活かし、食品分野では清涼飲料水・ジャム・デザート・カレー・お菓子などに使用されています。

化粧品に使用しても安心安全な増粘剤です。

f:id:sawayaka0302:20200213095348j:plain

タマリンドの種子

タマリンドガムの何が面白いのか!といいますと…

糖類やアルコール類と併用することで増粘・ゲル化するところです!

◎糖類・アルコール類の持つ脱水作用によってタマリンドガム分子が凝集する

◎水素結合によってネットワークを形成する

これら2つの化学反応によって、増粘とゲル化が起こるというメカニズムです。

今回は、化粧品によく用いられる、多価アルコールのグリセリンを用いてゲル化の様子を実際に見てみることにしました!

配合比率は、タマリンドガム1%、グリセリン30%、残りは精製水

これを80℃くらいまで加熱し、室温まで冷却した状態を観察しました。

 

〇結果〇

前回、水溶液の時はとてもサラサラとしたトロミであったのに対し…

グリセリンと併用すると…

f:id:sawayaka0302:20200219143611j:plain

プルプルのタマリンドガム!

写真のように、手で持てるほどプルプルとした弾力のあるゲルに変化しました!

多価アルコールを加えるだけでこんなにも質感に変化が現れるのか!

化学反応のパワーってすごい!と改めて感動しました!

でも、こんなプルプルの質感って食品なら想像できるけど、化粧品の場合は…?

このプルプルな感触、どこかで触ったことがあるような…?

と思った時、以前美里先生とアシスタントのゆっきーさんと一緒に行った横浜中華街のとあるお土産屋さんで見た「こんにゃく石けん」を思い出しました!

そこで、実際にこんにゃく石けんの全成分を調べてみたところ、やはりタマリンドガムが配合されていました!

あの時はまだ、なぜこんなプルプルの質感が出せるのだろう?と謎に包まれたままだったので、それを実際に実験することができ、とてもスッキリしました!

 

増粘剤のお話はここでいったん終わりになりますが、

今や化粧品のニーズとしてテクスチャーは非常に重要です。

増粘剤もその調節に必要不可欠な存在となっています。

また、最近は保湿クリームなどの粘度調節にカルボマー(合成ポリマー)が配合された商品がたくさん市場に出ています。

化粧品原料の開発技術も発展し、ポリマー系の界面活性剤が流通し、乳化技術のノウハウがなくても、とても簡単に保湿クリームが作れる世の中になりました。

またそれが本当に簡単にクリームが作れてしまうのです!

しかもテクスチャーが良い!とても便利ですよね!

しかし!

もちろんカルボマーを使用しなくても保湿クリームはきちんと作ることができます!

その技術を習得してこそ化粧品技術者です!

そのお話についてはまたの機会にしたいと思います(^^)/

 

タマリンドガムのプルプルな質感が病みつきになりかけた、いろはね研究員でした。

 

いろはね研究員の師匠こと美里康人先生の専門的でためになるブログと、そのアシスタントゆっきーさんのブログもぜひご覧ください!↓

plaza.rakuten.co.jp

cosmeticweb.blog97.fc2.com

化粧品のOEM依頼等はぜひこちらへ!

es-cosme.com

最後までお読みいただきありがとうございます!

ブログランキングにも参加しています!

下のバナーをクリックしてくださると嬉しいです!


スキンケアランキング

にほんブログ村 美容ブログへ
にほんブログ村

増粘剤比較してみた!~実験編~

 

皆さんこんにちは!いろはねです!

前回は化粧品に用いられる増粘剤の知識編でした!

今回は、実験編になります! 

ということで、早速本題に入りましょう!

実験には、以下7種類の増粘剤を使用しました!

①セロゲン(セルロースガム)

②アルギン酸ナトリウム

③エコーガムT(キサンタンガム)

④ケルデント(キサンタンガム)

⑤カラギーナン

タマリンドガム

⑦グアーガム

これらをそれぞれ2%の水溶液に調整し、

1.色(見た目)2.粘度 3.肌に付けたときの感触 を比較しました!

 

〇結果〇

①セロゲン(セルロースガム)

1.淡黄色。

2.強め。ボテッとしていてゲルっぽい印象。形もはっきりめ。

3.厚みのある伸び広がり。後肌のべたつきはあまりなく、なじむと完全にサラサラ。

②アルギン酸ナトリウム

1.無色透明。非常に細かい繊維のようなものを確認。

2.ビーカーを傾けると垂れるくらいのトロミ。

 撹拌してみるとネチャッとしており、割と重ため。

3.力を入れずに軽くスッと伸びる。後肌のペタペタ感が結構続く。

 セロゲンよりはべたつきを感じた。

③エコーガムT(キサンタンガム)

1.半透明

2.静置時はビーカーを傾けても垂れないくらい硬さがあった。

 撹拌すると非常に軽くなり、サラッとしたトロミになる。

3.軽くスッと伸びた。後肌のべたつきがダントツで一番であった。

 べたつきの強さからなのか、少し膜感も感じた。

 なじむと完全にサラサラになる。

④ケルデント(キサンタンガム)

1.半透明

2.エコーガムTと同様。

3.エコーガムTよりべたつきがほんの少しだけマイルドで膜感は感じなかった。

 それ以外は同様の感触。

⑤カラギーナン

1.淡黄色。

2.①セロゲンと同じようにボテッとしたゲルのような状態。

 しかしカラギーナンの方がボソボソとした印象。

 セロゲンのような粘着感はあまりない。

3.最初ポロポロとゲルが砕かれて中々肌に伸びていかなかった。

 後肌のべたつきはあまりなかった。

タマリンドガム

1.無色透明

2.弱め。サラサラとしたトロミ。

3.非常に軽くスッと伸びた。トロミの中に少しみずみずしさも感じた。

 後肌のべたつきは少しあったが、すぐにサラサラに変化した。

⑦グアーガム

1.淡黄色。

2.強め。かなりネチャッとしていた。セロゲンのようなボテッとした印象もあった。

3.厚みのある伸び広がり。カラギーナンのようなボソボソにはならなかった。

 逆に、ネチャッとした感触が肌に密着しているように感じた。

 べたつきはあまりなかった。

以上が私の感じた比較実験の結果になります!

見づらい書き方になってしまったかもしれません!(汗

この実験をしてまず最初に思ったのは、同じ増粘剤でもこんなに特徴が違うのか!ということです。

まだまだ比較実験の経験も少なく、見逃してしまっている特徴もあるかもしれません…

それは経験値を上げていくのみですね!

しかし、新米のいろはねでも、このように大きな違いを見ることが出来ました!

中でも特に面白かったのが、増粘剤の特性です!

今回はキサンタンガムで顕著に見られたのですが…

静置時は硬めの状態であったのに、撹拌するととてもサラサラなトロミに変化するのです!

これはなぜなのだろう?と調べると、増粘剤の特性に答えが隠されていました!

それは、「チキソトロピー」という特性を持っているから。です!

チキソトロピー性とは、混ぜたり降ったり、力を加えることで粘度が下がり、

また時間の経過と共に元の粘度に戻るという現象のことです。

分かりやすい例は、ペンキですね!

ペンキは、塗る前によくかき混ぜることによって粘度を下げ、はけなどで塗りやすくしています。そして、塗った後に粘度が元に戻り、垂れずに乾燥するのです!

日常生活にもこうして化粧品につながる場面があるのですね!

今回の実験は2%水溶液、と濃いめの濃度で調整したため、ゲルっぽい状態のものが多い傾向にありました。

1%や0.5%など配合濃度を低くして比較してみたらまた違う結果が見れると思います!

 増粘剤について大きな違いを見ることができたので、その特徴を活かすことと、化粧品の目指すテクスチャーに合わせて、その選択と配合量の選定をする技術が大切だなと思ったいろはね研究員なのでした。 

 

いろはね研究員の師匠こと美里康人先生の専門的でためになるブログと、そのアシスタントゆっきーさんのブログもぜひご覧ください!↓

plaza.rakuten.co.jp

cosmeticweb.blog97.fc2.com

化粧品のOEM依頼等はぜひこちらへ!

es-cosme.com

最後までお読みいただきありがとうございます!

ブログランキングにも参加しています!

下のバナーをクリックしてくださると嬉しいです!


スキンケアランキング

にほんブログ村 美容ブログへ
にほんブログ村

増粘剤比較してみた!~知識編~

 

皆さんこんにちは!いろはねです!

この度新しく私のキャラクターをデザインしていただきました!

お忙しい中デザインしてくださった方々にお礼を申し上げます!

ありがとうございました!

f:id:sawayaka0302:20200205124605p:plain

いろはね

じゃじゃん!とても私に似てまして…

こんな素敵なデザインをしてくださってとても嬉しいです!

これからはこの新しいいろはね研究員が日々のドタバタ奮闘記を引き続き載せていきますので、今後ともよろしくお願いいたします!

 

さて、本題に入りましょう!

今回は「増粘剤」について色々と実験をしたので、それについて書かせていただきます!

種類もたくさんあるので、それらの特徴を知り、使いこなせるようになるべく、

使用感の比較実験を行いました!

…とその前に、

増粘剤とは何ぞや!というところをまずはまとめていきたいと思います!

しばし、お付き合いください…(笑)

増粘剤は主に、食品や化粧品、医薬品、工業製品などなど…

あらゆる分野に用いられています。

化粧品には「水系増粘剤」がよく用いられます。

これをさらに化学的に言うと「水溶性高分子」となります!

この水溶性高分子は、水に溶解することによって、液体の粘性を高める機能を持っています。

その中でも有名なのが…

カルボキシビニルポリマー、略して「カルボマー」です!

ほとんどの方がご存じだと思います。

このように水系増粘剤には、カルボマーのような化学合成のものから、

海藻や植物、微生物の発酵により生成された増粘剤などもあります! 

また、増粘剤によってはトロミのある粘性を出すものから、プルッとしたゲル状の粘性を出すものもあり、それぞれの特徴が活かされる化粧品へと用いられています。

化粧品への主な使用目的として…

①使いやすさの向上

例えば、シャバシャバな化粧水よりも少しトロミがあった方が手からこぼれ落ちにくく、顔にもつけやすくなりますよね!

他には、高級感の演出として化粧水や美容液のトロミを出したり、シャンプーやボディーソープなどの泡持ちを維持する目的で使用されることもあります。

②保湿効果の向上

水系増粘剤(水溶性高分子)は、「高分子」と言うくらいなので、分子量がとても大きいです。非常に大きい分子の構造中にOH基(ヒドロキシ基)を多く持つことで、水に溶けやすい構造になっています。

そして、このOH基があればあるほど、水を多く保持することができるのです!

その為、一つの保湿素材として用いられます。

③製品の安定性向上

例えば、水に溶解しない成分として、油性成分や乳化剤、感触改良パウダー、顔料などがあります。安定性が悪い場合は、これらが凝集したりすることで分離が生じます。

そこで、増粘剤の粘性を利用し、これらが凝集しないよう、分散状態を固定することで製品の安定性を維持してくれるのです!

 

ということで、以上の三つが基本的に挙げられます。

 

ちなみに最近は、オールインワンジェルやクレンジングジェルなど、プルッとした感触の化粧品もたくさん出ていますよね!

そこにも!増粘剤が必要不可欠になるというわけです。

そんな増粘剤(水溶性高分子)ですが、かつてはカルボマーの登場により、一気に化粧品業界の処方設計が変わったそうです!

今やカルボマーは本当に様々な化粧品に用いられていますよね!

ここで他メーカーさんとの差別化をする為には、いかにカルボマーを使用せず処方を組めるかが腕の見せ所!というわけです。

弊社は食品にも使用されるような、肌にも比較的安全な増粘剤を用いることがほとんどである為、以下7種類の増粘剤で比較をすることにしました!

①セロゲン(セルロースガム)

②アルギン酸ナトリウム

 ③エコーガムT(キサンタンガム)

 ④ケルデント(キサンタンガム)

⑤カラギーナン

タマリンドガム

⑦グアーガム

これらをそれぞれ2%の水溶液に調整し、

1.色(見た目) 2.粘度 3.肌に付けたときの感触を比較しました!

…とここでその結果を続けて書いていきたいところなのですが…

長くなってしまったので、次回に持ち越します!

 

参考HP

【水系増粘剤】化粧品に使われる水系増粘剤の目的と機能|水系増粘剤(水溶性高分子)|住友精化株式会社

【水系増粘剤】ゾルの配合理由、ゲルの配合理由|化粧品に水系増粘剤|住友精化株式会社

 

いろはね研究員の師匠こと美里康人先生の専門的でためになるブログと、そのアシスタントゆっきーさんのブログもぜひご覧ください!↓

plaza.rakuten.co.jp

cosmeticweb.blog97.fc2.com

化粧品のOEM依頼等はぜひこちらへ!

es-cosme.com

最後までお読みいただきありがとうございます!

ブログランキングにも参加しています!

下のバナーをクリックしてくださると嬉しいです!


スキンケアランキング

にほんブログ村 美容ブログへ
にほんブログ村

リポソームって何?

 

皆さんこんにちは!いろはねです!

この間私は「リポソーム」について学んだのですが…

その技術のすごさに感動したので、何がすごいのか!

今回はそれについてお話していきたいと思います!

リポソームを知るには、まずお肌の構造をおさらいする必要があります!

それでは…行きましょう!

私たちのお肌のうるおいを保つ層として、角質層があります。

そしてそのうるおい保持の鍵となるのが、細胞間脂質です。

細胞間脂質をさらに細かく見ると、脂質二重膜という構造をとっています。

この脂質二重膜は、リン脂質をメインに、水分と脂質(セラミドなど)がミルフィーユ状に重なった状態になっています。

この構造をとることができるのは、リン脂質のおかげなのです!

なぜかというと、リン脂質は界面活性剤のように親水基と疎水基を併せ持つ、両親媒性物質になります。

なのでお肌の中で水分と脂質を同じ空間にとどめておくことができるのです。

ここで、この脂質二重膜とリポソームが関わってくることになります!

<リポソームとは>

角質層の脂質二重膜と同様の構造を持つ、カプセル状のナノ粒子です。

お肌の話と繋がりましたね~!

ナノ粒子と言われるくらいなので、大きさは100nm~200nmと言われています。

では…

なぜリポソームは脂質二重膜と同じ構造を持ち、カプセル型になるのでしょうか?

それは、リン脂質に秘密があります!

ちなみにリン脂質とは、大豆や卵黄由来の「レシチン」の代表的な成分になります。

リン脂質は親水基と疎水基の両方を持つ為、その特殊な構造から、水中に入ると自然に並び、それが幾重にも重なって球体になる性質を持つのです!

その性質を利用したのがリポソームになります!

そして、ここからがリポソームの腕の見せ所…

①リポソームは非常に浸透力が高い

②美容成分を効率良く肌内部に届けることができる

これらのメリットがあります!

 

①リポソームは非常に浸透力が高い

あ!ナノサイズの粒子だから、お肌に浸透しやすいのか!

と思った方もいらっしゃるかもしれません…

これも一理あるのですが…

一番の理由は、「脂質二重膜と同じ構造を持つから」です!

先ほどお話した角質層と同じ構造を持つため、

お肌はリポソームをはじくことなく簡単に受け入れてくれるのです!

 

②美容成分を効率良く肌内部に届けることができる

リポソームが水中でカプセル型になることと、①の浸透性の高さから、

肌のバリア機能によって浸透しにくい水性成分などをリポソームに内包することで、

容易に肌内部に届けることができるのです!

また、リン脂質が幾重にも重なったカプセルがリポソームになるので、

その膜と膜の間にも美容成分を内包することも可能です!

さらに、持続的に美容成分を肌内部に放出し続けることが可能になります。

 

元々リポソームは、医療の現場で使われている技術になります。

それが「DDS=ドラックデリバリーシステム

病気の原因が潜む臓器に向かって外部から薬剤を届けられるシステムです。

カプセル内に入っている薬剤を肌に塗布すると、それが肌内部に浸透していき、血中へと入り、目的の臓器に到達し治療ができます。

もちろん医療の分野になりますので、確実にその目的地に向かって薬剤が届けられるという保証がなければいけません。

その為、カプセルが血管にまで浸透し、それが壊れる時間や薬剤が届けられるタイミングなど全て緻密に計算されています。

な、なんて高度な技術なのでしょう…!!

それが化粧品技術にも応用されているということなのですね!

 

さらに感動したのは、実際にリポソーム技術が搭載された美容液を触ったときです。

浸透性がとても高いとは聞いていましたが、本当にあっという間にお肌に入るんです。

そして、時間が経ってもお肌が乾きません。

うるおいが長時間持続され、しかも表面ではなく、

肌の内側から潤っているような安心感があります。

これはもうやみつきです!!

 

リポソームのお勉強がとても面白かったので、

もっと詳しく勉強して、リポソームに詳しくなろう!

と思ったいろはね研究員なのでした。

 

いろはね研究員の師匠こと美里康人先生の専門的でためになるブログと、そのアシスタントゆっきーさんのブログもぜひご覧ください!↓

plaza.rakuten.co.jp

cosmeticweb.blog97.fc2.com

化粧品のOEM依頼等はぜひこちらへ!

es-cosme.com

最後までお読みいただきありがとうございます!

ブログランキングにも参加しています!

下のバナーをクリックしてくださると嬉しいです!


スキンケアランキング

にほんブログ村 美容ブログへ
にほんブログ村

化粧品開発展2020!-in 東京-

 

皆さんこんにちは!いろはねです!

今回初めて、幕張メッセにおいて開催された「化粧品開発展」に美里先生と、先輩研究員と一緒に行ってきました!

それについて書いていきたいと思います!

1月20日~22日の3日間開催されていたのですが、私は21日に参戦しました!

「化粧品開発展-COSME Tech-」とは、化粧品の原料、OEM、容器、パッケージ、研究機器などなど…化粧品の研究や企画開発に必要不可欠な、ありとあらゆる製品が集まる非常に大きな展示会です!

新米技術者のいろはねに、もってこいのイベントです!

ブログ用に会場の様子を1,2枚写真に収めようと思っていたのに…

たくさんのキラキラとしたブースに目はキョロキョロ…(笑)

すっかり忘れてしまいました(笑)すみません、言い訳です…

ということで、公式サイトの画像をお借りします…!

f:id:sawayaka0302:20200122090743j:plain

とても一日では回り切れないほど、本当に多くのメーカーさんがブースを展開していらっしゃいました!

新しい技術や新しい原料…メーカーさんそれぞれの化粧品に対する熱意が伝わる現場で、非常に良い刺激になりました!

限られた時間ではありましたが、その中で美里先生・先輩研究員と共にお世話になっているお客様のブースへご挨拶に行き、少しお話ができたのも嬉しかったです!

お忙しい中ありがとうございました…!

上記の画像を見ると化粧品開発展は今年で10回目、国際は8回目、美容・健康食品に至っては3回目、とそれぞれ開催回数が違うことが分かります。

つまり、年々美容や化粧品業界の注目度や規模が大きくなってきたということですね!

美里先生のブログにも書いてあった通り、2020年は東京オリンピックも開催されるということで、色んな所に海外の方々がいらっしゃり、とても賑わっていました!

日本の化粧品技術が海外の方々に注目されているということも実際に見ることができました。

 

化粧品開発展を回って私は、質の高い化粧品、中身で勝負できる化粧品を将来作りたいと思いました。

美容・化粧品業界の規模の大きさを目の当たりにし、この中で差別化を図るにはどうしたら良いのか?そんなことも少し考えました。

これだけ技術が進歩している中で、あれもこれもすごい!良い!と吸収することも大切ですが、一番はその中で自分の目指すものに合う技術を見極められる技術者になりたいと思いました。

それにしても…本当に様々な化粧品が展示されていて、特殊なテイストの目を引くブースがあったりと、化粧品メーカーさんの努力とユーモアを感じるとても楽しい展示会でした!

 

いろはね研究員の師匠こと美里康人先生の専門的でためになるブログと、そのアシスタントゆっきーさんのブログもぜひご覧ください!↓

plaza.rakuten.co.jp

cosmeticweb.blog97.fc2.com

化粧品のOEM依頼等はぜひこちらへ!

es-cosme.com

最後までお読みいただきありがとうございます!

ブログランキングにも参加しています!

下のバナーをクリックしてくださると嬉しいです!


スキンケアランキング

にほんブログ村 美容ブログへ
にほんブログ村

尿素配合のスキンケア

 

皆さんこんにちは!いろはねです!

毎日毎日寒いですね…温かいお部屋にいるのが一番です。

しかし、ずっと暖房ガンガンのお部屋にいるとやってきます…

お肌の乾燥です…!!

かかとや肘なんかは、硬くなってしまったり…

どこもかしこもカサカサになりますよね…

そんな時、皆さんはいつもどうされていますか?

一つ挙げられるのは、題名にもありますが、尿素配合のスキンケアを使うこと。

この時期になるとドラッグストアの入り口付近に

尿素配合クリームなどもたくさん並べられていますよね!

今回はそれに関するお話をしていきます!

なぜ尿素に限定したのかというと、以前角質層のお勉強をしたときに、

うるおい保持の鍵として、NMFが出てきたんですね。

その構成成分の中に尿素がいたのです!

ちなみに、こちらの↓ブログに詳細が書かれておりますのでよろしければ(笑)

sawayaka0302.hatenablog.com

お肌のうるおい①を一部抜粋しますと…

”NMF(天然保湿因子)”
「Natural Moisturizing Factor」(ナチュラル・モイスチュアライジング・ファクター)の略。
これは角質層内に10~30%存在しており、水性の保湿成分です。
構成成分はアミノ酸類(40%)、ミネラル(18%)、ピロリドンカルボン酸およびその塩類(12%)、乳酸塩(12%)、尿素(7%)、その他(11%)で構成されています。

ということで尿素がしっかりお肌の中で保湿成分の一部として働いていました!

では、NMF中なら7%存在していますが、尿素配合のスキンケアだと一体どれほどの配合%なのでしょうか?

調べてみたところ、

医薬部外品と第2類医薬品と第3類医薬品に分かれる

医薬部外品は基本、10%配合が最大

第2類、第3類医薬品になると20%配合が最大

ということがわかりました!

そこでまた、新たな疑問が生まれました。

なぜ、20%の配合量になると医薬品になるのでしょうか?

それは、尿素の効果にありました。

〇効果〇

分子量が小さく、水によくなじみ、水分を吸着してくれます。

その為、乾燥肌にうるおいを与えてくれます。

それだけではなく、タンパク質を分解するので、ごわついた手やかかとなどの硬くなってしまった角質を柔らかくしてくれます。

〇デメリット〇

上記のように効果が高い反面、刺激になってしまうこともあるそうです。

硬くなってしまった角質にはとても良いのですが、ヒビやアカギレなど傷口をふさがなければならない部分には逆効果です!

角質を柔らかくする…要は分解し続けることでお肌のバリア機能まで未熟にしてしまう為、顔への使用もNGです!

ただ商品によっては顔に使用できるものもありますので、使用方法をよくお読みになってくださいね!

以上のことから、尿素配合スキンケアは使用する際少し注意が必要なのですね!

ここで、尿素の効果と医薬品の定義が当てはまります。

〇医薬品の定義〇

 ・第2類医薬品

 その副作用等により日常生活に支障を来す程度の健康被害を生ずるおそれがある医薬品であって厚生労働大臣が指定するもの。

・第3類医薬品

第1類及び第2類以外の一般用医薬品

日常生活に支障を来す程度ではないが、身体の変調・不調が起こる恐れがあるもの。

とされています。

つまり、尿素配合スキンケアはあまりにもその配合量を多くしてしまうと肌への影響が出てしまうから、というのが答えになりますね!

この冬は特に、自分のお肌と相談しながらスキンケアを選んでくださいね(*^-^*)

 

いろはね研究員の師匠こと美里康人先生の専門的でためになるブログと、そのアシスタントゆっきーさんのブログもぜひご覧ください!↓

plaza.rakuten.co.jp

cosmeticweb.blog97.fc2.com

化粧品のOEM依頼等はぜひこちらへ!

es-cosme.com

最後までお読みいただきありがとうございます!

ブログランキングにも参加しています!

下のバナーをクリックしてくださると嬉しいです!


スキンケアランキング

にほんブログ村 美容ブログへ
にほんブログ村

石けんカスとは?③

 

皆さんこんにちは!いろはねです!

2019年内に石けんカスのお話を終わらせるはずが年が明けてしまいまして…

大変申し訳ございません!

今年の抱負に「計画的に行動する」を追加します…(笑)

去年、石けんカスとは何か?それの答えを書かせていただきました。

年をまたいでしまいましたので、まずは過去記事のリンクを貼りつけます!

sawayaka0302.hatenablog.com

sawayaka0302.hatenablog.com

お時間ある方はまた見ていただけると嬉しいです!

さて、今回の本題は…

この石けんカスを避けて通るにはどうしたら良いのでしょうか?です。

それには以下の2つが挙げられます!

軟水を使用する

つまり、通常の水道水(硬水)に含まれているカルシウムイオンやマグネシウムイオンをろ過するフィルターなどをご自宅の蛇口やシャワーヘッドに取り付けることで、石けんカスの発生を防ぐということです!

そうすることで、石けん中の脂肪酸と上記のイオン達が反応してしまうリスクがなくなります。

軟水を使用して市販の石けん系洗顔で顔を洗えば石けんカスは発生しませんし、脂肪酸がお肌にそのままうるおいとして残るので、ギシギシしたり、洗顔後お肌がつっぱったり、嫌な感覚もありません!

ただ、ご自宅の蛇口やシャワーヘッドをろ過フィルター搭載のものに変える必要があります(汗

日本の水道水自体、軟水~中硬水と言われているそうなので海外程強い硬水ではないのですが…

石けんカスはやっぱり嫌だな…という方はぜひ!

やっていただいた方がもちろん良いと思います!

アミノ酸系の洗顔を使用する

このアイテムは洗浄剤として、アミノ酸系の界面活性剤を使用している洗顔になります。

アミノ酸系界面活性剤は石けんカスを発生させず、肌への刺激も少ないと言われており、赤ちゃん用や敏感肌用の洗顔やシャンプーなどに配合されています。

さらにアミノ酸は、お肌の構成成分であるタンパク質の最小単位になりますので、お肌への相性がとても良いのです!

※個人差はあります。

石けんカスも出ず、お肌にまで優しいとは…素晴らしい成分ですね!

アミノ酸系の洗顔使ってみたいな…!という方は、

 商品の全成分表示を見て、水の次に

〇〇グリシン〇〇

〇〇メチルアラニン〇〇

〇〇グルタミン酸〇〇

〇〇サルコシン〇〇

などの成分が表示されているものを探してみてください!

 

ということで石けんカスのお話パート3でした!

アミノ酸系界面活性剤はとても高価な成分になりますので、低配合にも関わらずアミノ酸洗顔です!とうたっている商品もあるそうです。

化粧品を使用するユーザーの方々を惑わすような商品が出ない世の中になることを願います。

それと、信頼のおける化粧品を開発したいと思ったいろはね研究員なのでした。

 

いろはね研究員の師匠こと美里康人先生の専門的でためになるブログと、そのアシスタントゆっきーさんのブログもぜひご覧ください!↓

plaza.rakuten.co.jp

cosmeticweb.blog97.fc2.com

化粧品のOEM依頼等はぜひこちらへ!

es-cosme.com

最後までお読みいただきありがとうございます!

ブログランキングにも参加しています!

下のバナーをクリックしてくださると嬉しいです!


スキンケアランキング

にほんブログ村 美容ブログへ
にほんブログ村